【企業コンプライアンス】有期社員の無期社員への転換ルールが動き出します


【企業コンプライアンス】有期社員の無期社員への転換ルールが動き出します

 

無期転換ルールとは労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約(契約社員,パート,アルバイトなどの契約)が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって無期労働契約に転換されるルールです。

このルールは,平成25年4月1日から施行された改正労働契約法によるもので,この改正から5年が経過する平成30年4月から本格的に動き出すことになるでしょう。

有期社員を安定させる意味では有意義なルールですが,事業者にとっては注意点の多いルールでもあります。

中長期的な労務や人事管理の観点から,労働者側と使用者側双方にとってメリットのある制度の構築や,就業規則の整備といった準備が必要となる企業も少なくありません。

対応について早めの検討をが望まれます

 

(担当:萩生田)