【制度紹介】法定相続情報証明制度について


法定相続情報証明制度が始まりました。

平成29年5月29日(月)から、全国の登記所(法務局)において「法定相続情報証明制度」が始まりました。

 

この制度は、被相続人の法定相続人が誰であるかを公的に認証する制度です。従来で     あれば、相続手続きの度に戸除籍謄本の束を出し直し、自身が法定相続人であることを   証明する必要がありましたが、本制度を利用すれば、従来の手続きに比べ、相続⼿続に   係る相続⼈の負担を軽減することができます。

特に被相続人名義の預金の払戻しに利用できる点は、相続人の負担軽減が期待できます。

 

【手続き概要】(交付にあたっての手数料は無料)
  •    相続⼈が登記所に対し、必要書類を提出
        1. 被相続人(亡くなられた方)が⽣まれてから亡くなるまでの⼾籍関係の書類等
      ○被相続人の戸除籍謄本
      ○被相続人の住民票の除票
      ○相続人の戸籍謄抄本
                         ○申出人(手続を進める方)の氏名・住所を確認することができる公的書類
        2. 上記1.の記載に基づく法定相続情報⼀覧図
  •    登記官が上記の内容を確認し、認証⽂付きの法定相続情報⼀覧図の写しを交付
  •    交付された法定相続情報⼀覧図の写しが、相続登記の申請⼿続をはじめ、被相続⼈  名義の預⾦の払戻し等、様々な相続⼿続に利⽤できる
  •    (放棄や遺産分割協議の書類は別途必要)

 

相続登記、法務局提出書類の作成でお困りの方は、法律の専門家である弁護士にご依頼いただくと、戸籍謄本等の取得、一覧図の作成、法務局への提出などを代理して行います。

ご気軽にご相談ください。

 

<参考>

出典:法務省民事局【〜法定相続情報証明制度について〜】

(担当:萩生田)